男も女も気になる! ストレッチマーク

m004-035

ストレッチマークとは、急激な体重の増加などによって、皮膚の皮下組織が伸びについていけずに裂けてしまうことで、その部分がひび割れのような痕になってしまうもの。

妊娠中の女性が急激にお腹が大きくなったり体重が増えた時にもできやすく、「妊娠線」という呼び方もされています。妊娠線という言葉のほうがよく耳にするかと思いますが、この現象は妊娠中に関係なく、男性や成長期の子供にも起こることから、「ストレッチマーク」あるいは「肉割れ」とも呼ばれています。


できたら二度と消えない ? でも諦めないで !

ストレッチマークは、でき始めは赤紫っぽい色をしており、時間がたつと白っぽくテカリを生じてくるのが一般的です。細かいひび割れのような線が無数に出現するので、とても目立ってしまうため、水着などで肌の露出が多い場合は特に気になりますよね。

このストレッチマーク、実は「できてしまったら二度と消えない」と昔から言われてきています。「二度と消えない」と言われると、できた時のショックは相当、大きいですよね。

しかし、最近はストレッチマークに有効なクリームやオイルも出ていますし、完全に消えることはなくても、ほとんど目立たないぐらいにまで薄くすることは可能なのです。

ストレッチマークができないように予防ケアをしっかりすることがもちろん基本ですが、万一、運悪くできてしまった場合も、諦めずにケアを怠らないことが大事なのです。

正しいケアを地道に続けていれば、ストレッチマークは徐々に薄くなり、水着を着てもまったく気にならないぐらいまでに修復することは可能です!


なぜできる?ストレッチマークの原因を知ろう

絶対につくりたくないストレッチマークですが、予防ケアをしていてもできてしまった人や、逆にケアをしていないのにできない人など、さまざまなケースがあるようです。

ストレッチマークのできやすい体質や、食生活などの生活環境なども大きくかかわっていることが考えられています。まずは、ストレッチマークのできる原因をしっかりと知ることが予防の第一ステップ。

以下に、ストレッチマークのできる原因をまとめてみました。


できやすい、こんな状態に要注意 !

m004-035
  • 肌の乾燥、水分不足
  • ストレッチマークのできる原因のうち、最も代表的なのが肌の乾燥。水分をたっぷり含んだ、保湿された肌は、体の変化に合わせて柔軟に伸び縮みができます。肌の表面はもちろん、内部までしっかりと保湿されていれば、肌は柔軟に対応できるのでストレッチマークはできにくくなります。逆に、肌の内部が乾燥していると、硬くなりひび割れが起こりやすくなります。

  • 血行不良
  • 血液のめぐりが悪くなると、肌の新陳代謝も悪くなります。そうすると肌は柔軟性を失い、ストレッチマークのできやすい体質になってしまいます。

  • 急激な体重増加
  • できるだけ避けたいのが、急激に太ってしまうこと。妊婦さんの場合でも、少しずつお腹が大きくなるぶんには徐々に皮膚が伸びていくので大丈夫なのですが、急激に大きくなってしまうと皮膚が一気に引き伸ばされて、繊維に亀裂が入りやすくなってしまいます。

  • 不規則な食生活、栄養不足
  • 栄養不足に陥ると、体全体の新陳代謝に悪影響を与えます。新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーも滞り、ストレッチマークをつくりやすくなってしまいます。

バランスよい食事で栄養を十分に摂取することで、肌の代謝も活発になり、ターンオーバーも進められますのでストレッチマークもできにくくなります。


ストレッチマークについて

急激に体重が増えた方


ストレッチマークをつくらないために